専門的なことを学ぶ

先生と生徒

アフタースクールといっても様々な種類がありますが、最近は専門的なことを学ぶことができるところも少なくありません。具体的には、英会話を学べるところが人気です。現在小学校などでも英会話の授業を行っている傾向にありますので、明らかに昔に比べると英語を意識した人が増えてきています。それに合わせてアフタースクールでも本格的な英会話を学ぶべく外国語の講師を連れて来て指導しているところもあります。両親が共働きでもないのにそのようなところに入れたいと考える親もいることですが、実際には共働きでないと入ることはできません。つまりそれだけ人気がある勉強もアフタースクールでできてしまうわけです。別のところでは、宿題を徹底してみてくれるところがあります。学校で勉強についていけない子供のために先生だった人が配備されており、わからない部分を最初に戻って学ぶことが可能になっています

金銭的な仕組みを見る

親子_通信教育

アフタースクールは、基本的に両親が共働きの子供は通うところになります。本来学校には学童と呼ばれるところがありますが、共働きの夫婦が多い地域では学童の定員オーバーになってしまう可能性があります。定員オーバーになった場合には、アフタースクールと呼ばれるところに通うことで、放課後になり親が家に帰るまで預かってくれるのが特徴になります。この時の料金ですが、民間で行っているところになりますのでそれらにお金がかかると考えている人もいるでしょう。ところが最近はNPO法人などが主体となって行っているアフタースクールも少なくありません。NPO法人は、営利法人とは異なりますのでお金もうけのために行っているというよりも、社会起業家が運営を行っているためをまで多くのお金を請求してくることはありません。学童に比べると若干高いところもありますが、半分ボランティア状態ですので金銭的な負担は小さいが考えてよいでしょう。1カ月当たり数千円で預かってくれるところが多いです。これに対して営利法人として行っているところもあり、金銭的な負担はNPO法人よりも大きくなります。ですが金銭的な負担が多い分、まるで学習塾のような勉強をすることができるところもあります。中には学習塾が主体となって行っているアフタースクールも存在しており、そこでは様々な学習をすることが可能になっています。学習塾に入れるぐらいならば、少しお金を払ってアフタースクールに通わせた方がよいと考える親もいるほどです。

広告募集中